大きくなってきたオナカを見ると、最近まで更年期症状だったのが嘘みたいです

大きくなってきたオナカを見ると、最近まで更年期症状だったのが嘘みたいです

大きくなってきたオナカを見ると、最近まで更年期症状だったのが嘘みたいです

大きくなってきたオナカを見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。
不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。
基礎体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)はつけていたんですけど、授かることができず、義妹や姉のところにおこちゃまができると、このままだったらどうしようと落ち込みました。
検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。
排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、早々に妊娠が発覚しました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸が大事な栄養素だといっても、過剰摂取も問題があります。
上限を超える葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを抑えてくれる、というマカが不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、それは違います。
マカの摂取が続くと全身の症状として、発熱やかゆみなどを起こす危険もあるとされるので、過剰摂取にも配慮が必要です。
葉酸は妊婦にとって様々な効果を持たらしてくれる心強い味方です。
特に先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は重要な効果です。
ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、普段の生活の中で、十分にマカが無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期にくらべて、マカ摂取が、強く勧告されているという事です。
マカの効果だけを見た場合に、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間というりゆうです。
なのでオナカに赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸の摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。
それでは、妊娠後期に入った妊婦に、マカの所要量を妊娠中の女性で考えると、妊娠していない人より多くなり、倍近い480μgの摂取が母体にも胎児にも良いとされます。

ただし、マカ摂取を心がけることが良いと思います。
とはいえ、毎日大量の野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)を食べることは難しいですよね。
サプリを利用すれば、毎日のマカ摂取が簡単だと思いますから、良い方法ではないでしょうか。
妊娠しやすい体づくりのために、大変重要なのは質の良い睡眠です。
ヒトは睡眠不足がつづいてしまうと活性酸素が産生され、その結果、卵子、精子が酸化されて劣化することになります。
加齢に伴って衰退していく性機能の低下を食い止めるためにも頑張って更年期をしている時は睡眠不足をさけるようにしましょう。