更年期って男性にもある?症状や原因、対策についてまとめ。

更年期って男性にもある?症状や原因、対策についてまとめ。

更年期って男性にもある?症状や原因、対策についてまとめ。

 

一般的に、更年期障害といえば、女性の症状と言うイメージがありますが、実は男性にも更年期障害は存在します。
LOH症候群と言われ、男性ホルモン(テストステロン)の減少が大きく影響しています。
20代、30代をピークに徐々に減少していく男性ホルモンですが、40代に入ると更年期障害としての症状が出てきます。
集中力の低下、うつ、心筋梗塞や脳梗塞のリスクの上昇など、一見関係のないような症状にも影響が出てくるのです。

 

更年期障害の最大の原因は男性ホルモン(テストステロン)の減少が最大の理由です。
もちろん、男性ホルモンの分泌量や、現象には個人差があり、症状の現れ方も一人一人違います。
男性ホルモンが減少する原因には加齢に加え、ストレスなども影響を与えます。性格的には神経質な人、生真面目な人、几帳面な人や責任感の強い人などが更年期障害を発症しやすいと言えます。
年齢による会社でのポジションの上昇にも影響があると言えます。

 

様々な症状を引き起こす更年期障害ですが、対策にはビタミン、ミネラルなどを多く含んだ食事を取り、栄養素をふんだんに取るような食生活の見直しが効果的です。
特に、亜鉛には男性活動の促進させる作用があり積極的に取り入れる栄養素と言えます。

 

他にはウォーキングなどの軽い運動などを取り入れ運動不足を解消し、健康を保つことも有効です。
そして、更年期障害を自覚した際には、病院で医師の診察を受けるなど、早めの治療を受けることが早期改善へ向けた対策と言えます。